読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

箱根駅伝、全日本駅伝でも伝説を!見ればわかる!東海大ルーキーズの歩み

たびたび、記事を書いている東海大ルーキーズですが、秋になっても勢いは止まることを知りません。むしろ加速してきています出雲駅伝で活躍した3選手だけではなく、次々とルーキーたちが大頭してきています。 ekidennotora.hatenablog.com 10月22日 日体大…

全日本大学駅伝エントリーメンバー発表! やはり青学優勢か?

ようやく全日本のエントリーが発表されました。とりあえずざっくりとメンバーと感想を書いてみました。エントリー見てもやっぱり青山学院大学が優勢かな。 ekidennotora.hatenablog.com 東洋大学 4年 櫻岡、服部、山本 3年 小早川、高森、竹下、野村、堀 2年…

第93回箱根駅伝予選会を終えて、ルーキーたちの活躍はどうだったのか?

前回は出雲駅伝で大学駅伝デビューしたルーキーたちについて書きましたが、今回は箱根駅伝予選会に出走したルーキーについて書いていきたいと思います。 通過校を中心に書いていきます。(通過していなくて62分切っていない選手については書いていません) ※…

出雲駅伝、箱根駅伝予選会を終えてのルーキーたちの活躍は?

出雲駅伝、箱根駅伝予選会を終えて、大学の長距離界として残すところ大きい大会は全日本大学駅伝と箱根駅伝となりました。 今年のルーキーたちは東海大学を中心に前期から素晴らしいタイムを残す選手が多かったのですが、チームの代表戦である2大会終了時点…

エントリー発表前 全日本大学駅伝はどこが制する? 青学?東海?山梨?

まだ、エントリーメンバーが発表されていませんが、(10月20日 7:00現在)全日本大学駅伝はどこが制するのか少し考えて見ました。色々と考えてもやっぱり本命は青山学院大学かなと思います。 全日本大学駅伝で大切なのは1区、2区、4区8区にしっかりと流れを作…

【箱根駅伝予選会】 なぜ、中央大学の連続出場の歴史が途絶えたか?

誠に勝手ながら今回、11位と予選会を通過することができなかった中央大学がなぜ、予選会で落ちてしまったのかを考えて見ました。予選会当日の結果についての考察ではなく、そこに行く着くまでの過程についての考察です。 ※本当に勝手意見です。 スピードに特…

来季にリベンジを! 第93回箱根駅伝予選会

中央大学の伝統がついに途切れましたね。様々な改革を行い、チームを変えようと藤原監督が奮闘しましたが、力及ばずでした。城西大学も様々な苦難を乗り越えながら連続出場を続けていたのですが、無念の予選落ち。以下予選会落ちしてしまった大学についてで…

大波乱あり! 第93回箱根駅伝予選会!

病院のロビーでともに入院している患者さんたちと予選会を観戦。少しでも感想をと思ったので、雑ですが感想です。1位 大東文化大学日体大記録会の勢いは本物でした!前半から飛ばし、後半失速は大丈夫か?と気になりましたが、そのまま力で押し切りました。…

箱根駅伝予選会 通過滑り込みライン! 大逆襲で予選会突破を!

2日間で通過濃厚ライン、通過激戦ラインで12大学について書かせていただきましたが、今回は通過滑り込みラインについて書きたいと思います。 ekidennotora.hatenablog.com 上武大学 もっとも多くの主力選手がエントリー漏れしてしまった上武大学。万全な状況…

箱根駅伝予選会 通過激戦ライン!! 混戦を制するのはどの大学か?

前回、通過が確実視されるであろう大学5大学について書かせていただきましたが、今回は通過激戦ラインの大学について簡単に書いていきたいと思います。 ekidennotora.hatenablog.com 城西大学 上手くハマればトップ通過候補だと思っていたのですが、中舎選手…

箱根駅伝予選会 通過確実ラインは一体、どの大学なのか?

10月1日に箱根駅伝のエントリーも終え、各大学の戦力が見えてきました(当日、有力選手が外れる可能性もありますが。 エントリーを加味して、新しくランキング付け、および当日、通過するためにどのようなタイムで走ってくるか(戦術予想込み)で考えてみま…

出雲駅伝は青学が制覇!! 駅伝3冠へ向けてまず1勝!!

蓋を開けてみれば青山学院大学の圧勝だった出雲駅伝。まさに「神ってましたね」 また、一色選手の涙を見て、大学駅伝っていいなぁ〜と改めて感じました。 色々とバタバタしていて簡単な感想しか書いていませんが以下感想です。(本当に簡単です) ekidennotora…

出雲駅伝区間エントリー発表! 山梨学院は万全のオーダー。対抗はやはり青山学院か

本日、出雲駅伝の区間エントリーがありました。時間がなくて書けないと思ったのですが、時間が取れたのでざっくりと区間エントリーについて書きたいと思います。 それにしても1区が面白そうですね。1年生を個人的に応援したくなる。 ekidennotora.hatenablog…

青山学院VS山梨学院!?出雲駅伝を制するのはどこか?

青山学院大学と山梨学院大学が最後まで優勝争いをするのではないかと予想します。 どちらが優勝するか正直わかりません。(違う大学かもしれませんし) 【優勝争い】 青山学院 一色選手を中心に強力な選手たちが揃っています。昨年優勝したメンバー以上に強…

箱根駅伝予選会!過去3年間のデータによる通過ラインとは?

過去3年間の箱根駅伝予選会のデータをもとに通過ラインはどれくらいなのか考察してみました。気象条件などで変わってくる面もあるかと思いますが、予選会突破ラインのタイムなどが見えてきます。 ekidennotora.hatenablog.com 2015年 (左から順位、大学名、…

ようやく出雲駅伝のエントリーメンバー発表!! 

出雲駅伝のエントリーがようやく発表されましたね。エントリーを見た感じだと青山学院、山梨学院、東海大学を中心にレースが展開されそうです。 短い駅伝だけに、勢いがあってエースがいるところは有利に展開しそうです。 ekidennotora.hatenablog.com メン…

箱根駅伝予選会はどこが有力? 予選会エントリー発表を見て

10月1日に箱根駅伝予選会のエントリーがありました。エース級が外れるような大きな波乱はなかったような気がしますが、中堅クラスが外れている大学が少し、見受けられます。 エントリーしていても当日、外れる可能性があるので何とも言えませんが、エントリ…

毎年、観戦している箱根駅伝予選会の応援のポイントを4つ挙げてみた。

ここ数年は箱根駅伝予選会を観戦しに行っています。日曜日は仕事があるときがあるのですが、箱根駅伝予選会は土曜日と決まっているので、仕事が入ることもないため、家族に断り昭和記念公園へ行かせていただいております(箱根駅伝の時は家族サービスで忙し…

世田谷記録会好記録ラッシュ!! 東海大ルーキーも躍動!!

条件が非常に良かった世田谷記録会。1週間前に行われた日体大記録会は2日間とも蒸し暑さが残り、コンディションに恵まれませんでしたが、10月1日に行われた世田谷記録会は非常にコンディションに恵まれて好記録が続出しました 以下記録 ※13分台、大学生のみ …

【大学進路情報】 駒澤大学 中谷圭佑選手は日清食品へ!! 

報知新聞に各大学の希望進路が載っていましたね!おそらく内々定はいただいていることと思うのですが、まだ入社しているわけではありませんので、希望進路となっているのでしょう。昨年も徳永選手(中央大→日清食品)がこの地点ではNTT西日本と書かれていま…

箱根駅伝予選会を突破するのはどこか? エントリー前にランク付けしてみた。

9月24日、25日に日体大記録会が行われ、ある程度、戦力や大学の調子が見えてきました。もちろん試合に出場することなく、予選会一本に合わせている大学もありますので、何とも言えないところなのですが、とりあえず勝手にランク付けしてみました。 10月1日に…

出雲駅伝はどこが制する? エントリー発表前の戦況

※写真は観光スポットNAVIより 箱根駅伝予選会ももうすぐですが、その前に出雲駅伝がありますね。 まだ、エントリーメンバーは発表されていませんが(9月27日 7:00現在)今年も激戦が予想されます。 出場校は以下の通り 1.青山学院大 2.山梨学院大学 3.駒澤…

大根を踊りで箱根路を盛り上げられるか!? 東京農業大学

昨年度は残念ながら、箱根駅伝出場は叶わなかった東京農業大学。今年こそ予選会を突破して、岩瀬監督新体制として、初めての箱根駅伝に出場したいところです。 ekidennotora.hatenablog.com まず、チームとしてはまさかの出来ことが起きました。将来を有望さ…

ダブルエースで箱根路に再びサプライズを! 城西大学

今年の箱根駅伝は上手く噛み合わず、予選落ちしてしまった城西大学。 箱根駅伝本戦ではハマると周りを驚かせるような結果を残すのが、城西大学の大きな魅力でしょう。予選会を通過して来年の箱根路を再び沸かせることは出来るのか! ekidennotora.hatenablog…

総合力でライトグリーンの襷を箱根路へ!! 大東文化大学

市田兄弟(現旭化成)の卒業が響いたのか、18位という惨敗に終わってしまった大東文化大学。今年も際立ったエースはいませんが、総合力で出場権を獲得し、本戦ではシードを獲得したいところです。 ekidennotora.hatenablog.com まず、チームとしては関東イン…

藤原正和新監督、最初の試練! 伝統を繋げ! 中央大学

今年の箱根駅伝では16位と惨敗を喫した中央大学。今年から藤原正和新監督が就任して、様々な改革に着手しています。 伝統の襷を繋いで、箱根駅伝で優勝する姿を夢見ている中大OB、中大ファンは多いでしょう! ekidennotora.hatenablog.com まず、チームとし…

プラウドブルー旋風を再び箱根路で!! 神奈川大学

ここ数年、スカウティングが上手く行っており、戦力が充実してきた神奈川大学。予選会ではしっかりと走るも、箱根駅伝ではなかなか上手く噛み合わないことが多く、結果を残すことが出来ていませんが、今年はエースの鈴木健吾選手を中心に久々のプラウドブル…

添田イズム浸透! 箱根路への10秒を取り返せ! 国士舘大学

昨年度は箱根駅伝予選会で11位とあと一歩のところで箱根駅伝出場を逃した国士舘大学。その差はたった10秒差で、1人あたりで換算すると1秒でした。 今年は昨年度の悔しさを晴らそうとばかりに前期からチームは流れに乗っています。 ekidennotora.hatenablog.c…

箱根駅伝で再び岡田マジック炸裂か!! 拓殖大学

昨年度は往路終了時点ではシード権が見えていた拓殖大学。6区の大ブレーキから立て直すことが出来ず、今年も予選会からのスタートとなりました。 亜細亜大学監督時代に、見事に箱根駅伝優勝を成し遂げている岡田監督。 今年こそ岡田マジックは炸裂するので…

オレンジエクスプレス! 再び箱根路で躍進へ! 法政大学

今年の箱根駅伝では1区から出遅れてしまい、その後、見せ場なく終わってしまった法政大学。オレンジエクスプレスと言われていた時代を取り戻すことはできるのか! ekidennotora.hatenablog.com まず、前期のチーム状況としては、際立った成績を収める者はい…

今年の箱根出場はフロックではない! 連続出場へ! 東京国際大学

昨年度、強化5年目にして箱根駅伝初出場を決めた東京国際大学。箱根駅伝初出場のチームは大体、箱根駅伝の舞台に圧倒されてしまい、力を出し切れず最下位に沈むことが多いのですが、東京国際大学は総合17位(往路12位、復路18位)と往路ではしっかりと見せ場…

塩尻和也選手母校に凱旋! 気が早いけど進路はどこへ!

※順大ホームページより 現在、北海道士別市で合宿中の順天堂大学ですが、合間を縫って、どうやら母校の伊勢崎清明高校にオリンピック出場を報告するために凱旋していたようです! ekidennotora.hatenablog.com 塩尻選手と言えば3000mSCから長い距離までマル…

紫紺の襷を箱根路へ! 予選会からの逆襲! 明治大学

昨年度はまさかのシードを逃した明治大学。戦力的に考えても、普通に走っていれば予選会にまわることはないチームなのですが、何が起こるかわからないのが1区間20kmを超える箱根駅伝の面白さであり怖さでしょう ekidennotora.hatenablog.com まずチームとし…

輝く伝統の復活へ! 今年こそ総合力でシード権を! 日本大学

昨年度はシード圏内にいながらも復路で各大学に逆転を許してしまい、シード獲得とはならなかった日本大学。今年も予選会からのスタートとなりますが、昨年度同様トップ通過できるでしょうか。 ekidennotora.hatenablog.com まずチームとしては全日本大学駅伝…

勢いそのままに再び箱根路へ!! 創価大学

今年の創価大学は勢いに乗っています。特に全日本大学駅伝予選会の結果ではムイル選手が腹痛により、最終組で無念の棄権となり、初の出場権を獲得することは叶いませんでしたが、チームとしての総合力は確実に上がっていると感じさせてくれる結果となりまし…

ジンクスを破れるか!?初の全日本、箱根の2大会出場へ!國學院大学

昨年度はまさかの予選落ちとなってしまった國學院大學ですが、今年も全日本大学駅伝予選会を確実に突破するなど実力を兼ね備えていることは間違いありません。 ekidennotora.hatenablog.com まず、チームとしてはハーフマラソンを1時間03分台で走る選手が6名…

若い力で男子マラソン界を変えろ!目指せ世界陸上! 青学 下田裕太

青山学院大学の下田裕太選手が、合宿先で報知新聞の取材を受けていたようですね。 今年のオリンピック惨敗を受けて、オリンピックの代表候補にも名前が挙がっていたことから下田選手への取材が来たのだと思います。マラソンの10代日本最高記録を持っているこ…

【日本インカレ】 各大学のルーキーたちの活躍はどうだったのか?

日本インカレも終了しました。今年はルーキーの当たり年ということもあって、日本インカレでも1年生の活躍が目立ちましたね。各種目のルーキーたちの活躍と所見をまとめてみました。(1500mと5000mのみ) ekidennotora.hatenablog.com 【1500m決勝】 1位 3分…

【日本インカレ】 5000mで日大ワンツーフィニッシュ! 3000mSCは塩尻貫禄の優勝!

5000mは意外な展開がまっていました!まさかと言ってしまうと失礼なのですが、日大のパトリック選手と石川選手がワンツーフィニッシュ!!パトリック選手の優勝は予想できましたが、まさか2番手に同じチームの石川選手が来るとは予想外でした。3位には青山学…

【日本インカレ】 1500mは早大の斎藤が一年生V 10000mは日大パトリック圧勝!

9月2日から始まった日本インカレですが、1500mではルーキーたちの勢いが止まりませんでした。また、10000mでは気象条件の悪さもあり、留学生の力をまじまじと見せつけられる結果となりました。 ekidennotora.hatenablog.com 以下結果と感想。 現地に行った…

第86回大会以来の箱根駅伝出場なるか? 亜細亜大学

最近、トラック競技では少しずつですが、結果の出る選手亜が増えてきた亜細亜大学。今年の箱根駅伝予選会は突破すること出来るでしょうか? ekidennotora.hatenablog.com 亜細亜大学といえば我々の世代であれば、岡田監督(現拓殖大学監督)が率いて82回大会で…

1500mでも存在感!! 東海大ルーキーズの勢いはどこまで続くか?

もうすぐ日本学生陸上競技選手権(日本インカレ)が始まりますね!東海大を中心とした各大学のルーキ-たちが5000mにエントリーされていて非常に楽しみです。 ekidennotora.hatenablog.com 夏に入り、各大学は夏の走り込みのシーズンに入り日本インカレまで…

箱根駅伝予選会を突破する為に必要な5つのこと

10月はいよいよ予選会が待ち構えています。こんなに時期に予選会の突破についてなんて早いのでは?とお考えの方もいらっしゃると思いますが、各大学はもう予選会突破へ向けて準備しています! ekidennotora.hatenablog.com というわけで、箱根駅伝予選会突破…

原監督推奨! 青トレやったら速くなるのか?青山学院のコアトレ

来週から大学駅伝(特に予選会について)少しずつ書いていきたいなと思っています。 その前に少し箸休め的な記事です(笑) 今では書店に行けばたくさんの『青山学院の原監督』の書籍が並んでいます。特に私が目を引いたのは、「青トレ 青山学院大学のコアト…

【日本インカレ】 塩尻和也は3種目エントリー! ルーキーも充実!

9月2日(金)~9月4日(日)まで日本学生陸上競技選手権大会(日本インカレ)が始まりますね。オリンピックが終わって落ち着いたと思ったらすぐに日本インカレ開催ですからね。陸上関係者は忙しいでしょう。 さて、エントリーを見ての感想ですが、10月に予選…

力は出した! 4年後のオリンピックへ 3000mSC 塩尻和也!

追加で急遽代表選ばれた塩尻和也選手がオリンピック3000mSCの舞台に立ちました。結果は残念ながら8分40秒98で予選落ちでした。 今回のオリンピックに関してはやるべきことは全てやり、標準記録も突破することができなかった時点で本人は諦めていたはずです。…

中央大学 藤原監督の改革が止まらない!!1年生米ユタ合宿へ!!

世間はオリンピック一色ですが、箱根駅伝関連の記事です。なんと中央大学が8月4日より初の海外合宿を慣行!!しかも全員1年生で指導者の帯同はなし。藤原正和監督の改革が止まりません。 ekidennotora.hatenablog.com ほとんどの大学であればこの時期は、チ…

【朗報】19歳 塩尻和也 3000mSCの追加代表でオリンピックへ!!

なんとリオオリンピックの追加代表選手として、順天堂大学の塩尻選手が選出されました!標準記録突破を目指した記録会でもあと一歩届かず、4年後に期待だなと思っていたのですが、なぜ選出されたのでしょうか? ekidennotora.hatenablog.com 以下選出理由 出…

誰が抜け出す!? 今年の大学駅伝はルーキーたちが熱い!!

前期の主要レースが一通り終わり、1年生でこれだけ、5000mで13分台ランナーが誕生しました。(高校ベストも含む)東海大が約半分ですが(笑) 【5000m 13分台 一覧】 13:43.61 鬼塚 翔太(東海大) 13:47.97 新迫 志希(早大) 13:48:89 館澤 亨次(東海大) 13:50.5…

留学生は本当に必要か!? 大学駅伝編

前回、陸上長距離界の留学生問題高校生編として記事を書かせていただきましたが、今回は大学編で書きたいと思います。 前回の記事はこちら↓↓↓ ekidennotora.hatenablog.com 大学で留学生と言えば、昔は山梨学院大学でした。まだ、箱根駅伝が今ほどメディアに…