駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

全日本大学駅伝予選会の見どころとは?

関東インカレも終わり、いよいよ長距離界では前期最大のチーム戦でもある全日本大学予選会が6月18日に開催されます。とりあえずルールや見どころについて少し書いてみました。ルール10000mを4組に分け、各大学各組2名づつ出走して合計タイムを競う。2名×4組…

兵庫リレーカーニバル ユニバー選考10000mは栃木渡が制する! 順大に勢い!

4月23日(日)に開催された兵庫リレーカーニバルグランプリ10000mにおいて、ユニバーシアードの選考レースが合わせて行われました。塩尻選手が本命だと思っていたのですが、学生10000mを制したのは栃木選手でした!事前の予想はまったく当たりませんでしたね…

2018年の箱根駅伝ダークホースは神奈川大学と中央学院大学? 往路優勝を狙え!

気が早いですが、今年の箱根駅伝のダークホースを予想してみました。あくまでも総合優勝ではなく、往路優勝に絞って考えてみた結果、神奈川大学と中央学院大学が非常に面白いのではないかなと思います。 まずは神奈川大学です。 ekidennotora.hatenablog.com…

日本マラソン界 五輪マラソンに向け、新選考方式決定! しかし強化策は未定

東京オリンピックに向けて、マラソンの新選考方式が決定しました。一発選考とはなりまませんでしたが、以前の選考方式よりはわかりやすくなったと思います。 www.sankei.com 【新たな選考方法は?】 まず、選考レースに出場するには、2017年秋〜2019年春まで…

ボストンマラソンで大迫傑が3位に!! 日本マラソンの広がる可能性!

大迫傑選手(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が初マラソンで素晴らしい走りを見せてくれました!タイムは2時間10分28秒。そして何よりも3位で表彰台に上がったことが何よりも評価されるところでしょう。優勝は自己記録で2時間06分台を持つキルイ(ケニア)が2…

ついに名門旭化成にも外国人ランナーが!?日本の陸上界はどうなってしまうのか?

ついに名門の旭化成にも外国人ランナーが2名ほど加入しました。今年のニューイヤー駅伝では、日本人選手のみで優勝して、「旭化成復活!!」を見せたばかりだったのですが..これからの陸上界はどうなっていくのでしょうか? ekidennotora.hatenablog.com 【…

ユニバーシアード選考レース 兵庫リレーカーニバル10000mを制する学生は誰か?

※2年前の選考レース。ユーチューブより画像を引用 4月23日(日)に開催される兵庫リレーカーニバルグランプリ10000mにおいて、ユニバーシアード代表選考レースが行われます。2年前はアシックスチャレンジで行われた選考レースですが、今年はグランプリ種目に…

慶応義塾大学の『慶応箱根駅伝プロジェクト』は成功するのか!?

今年から保科光作コーチが就任して、本格的に強化を開始することを決まった慶応義塾大学。『慶応箱根駅伝プロジェクト』と題して名門復活を目指すようです。では、一体どのようなプロジェクトとなるのでしょうか? 詳しくはこちらの「慶応箱根プロジェクト」…

ついに陸上界にも文春砲!!やり投げのオリンピック代表 村上幸史選手に不倫報道

※写真はホームページより引用 まさか記事になるとは思いませんでした。本人は否定ということで、書かれていますが、本当に事実と違うのであれば今後何かしらのアクションがあると思います。しかし、プライベートなことなので、何とも言えないのですが… とり…

住友電工に入社!遠藤日向選手は実業団に行ってから通用するのか?

遠藤日向選手が住友電工に入社して、晴れて社会人となりました。箱根駅伝を目指す選手が増える中、大学を経由せずに実業団の門を叩き、世界を目指すとのことですが、果たして遠藤選手は実業団に行ってから通用するのでしょうか? www.hochi.co.jp スピード面…

続 柏原竜二選手の引退について様々なネットニュースなどを見ての私の感想

柏原選手が引退を表明してから、様々なメディアに取り上げられていました。特に「箱根駅伝による燃え尽き症候群」という話は多かったように思います。私が読んで気になったコメントに関して少し考察してみました。 ekidennotora.hatenablog.com スポーツライ…

箱根駅伝で活躍したベンジャミンが日本国籍を取得!?取得したらどうなるの?

箱根駅伝で活躍していたガンドゥ・ベンジャミン選手が日本国籍取得を目指していることが判明しました。東京オリンピックは「日本かケニアチームで考えている」とのこと。一体どうなるのでしょうか? www.nikkansports.com 国籍を取得したら もし、国籍が取得…

富士通の柏原竜二選手が現役を引退!! 27歳早すぎる決断! 

柏原選手が引退を表明しました。27歳ということで、まだまだやれるとは思うのですが、残念です。しかし、今の東洋大学の一時代を築きあげたのは間違いなく、柏原選手だったでしょう。 www.nikkansports.com 引退の理由 引退の理由は、度重なる怪我のため復帰…

箱根駅伝に42.195km!瀬古利彦さんの発言はいつも衝撃的!現実的に可能なのか?

さて今回はこの記事に関して少しだけ記述をしたいと思います。↓↓↓ news.ameba.jp 現実的に考えて無理だということはわかっているのですが、少しだけ真剣に問題点などを挙げてみました。①8区までの意味がなくなりかねない瀬古さんの案であれば、9区と10区を一…

設楽啓太がコニカミノルタをまさかの退社! 東京オリンピックへ向けて環境を変えてリスタートか!?

ブログはだいぶお休みさせていただいていました。仕事や家庭の都合などもあり、3月は火の車でした....4月中旬からはまた、心機一転、まめにブログを更新していければなと思います。 www.nikkansports.com 設楽啓太選手がコニカミノルタを退社しました。実業…

神奈川大学の鈴木健吾が強すぎる!! 箱根駅伝2区区間賞から勢いが止まらない!

日本学生ハーフマラソンで、鈴木健吾選手が他の選手を圧倒する走りで優勝!!見事にユニバーシアード代表に選出されました。それにしても強かった!今年の学生長距離界の話題の中心となることは間違いないでしょう。 ということで、大学に入学してからの鈴木…

東京マラソン 日本人トップは井上大仁! 日本のマラソン界に新たな光!

新コースとなり、好記録が期待された東京マラソン。海外招待選手の別格な走りを見せつけられる形とはなりましたが、日本人選手も収穫のあるレースとなりました。特に若手の積極的な走りは、これからの日本のマラソンを変えてくれそうな予感がしました。 ekid…

東京マラソン新コースで好記録に期待大! 注目選手は、今井正人と服部勇馬か?

エントリー↓↓↓http://www.marathon.tokyo/media/press-release/pdf/20170120_01_jp_2.pdf今年からコースが変更となり、より高速レースになる可能性の高い東京マラソン。 招待選手とエリート選手が発表となっていますが、その中で私が個人的に注目している選…

大迫傑もついにマラソンに参戦!!「大迫傑ボストンマラソン走るってよ」

ナイキ・オレゴンプロジェクトの大迫傑選手がついにマラソン挑戦を発表!自身のツイッターで、「ボストンマラソン走るってよ」との呟き。2月5日に行われた丸亀ハーフマラソンでも快走を見せており、マラソンでどのような走りをするのか期待が膨らみます。挑…

新寮完成!箱根駅伝復活へ向けて準備着々!亜細亜大学は蘇るか!?

総工費5億3000万円をかけて、亜細亜大学が駅伝部の寮を作りました。これだけの投資をするということは、駅伝部復活へ、大学が本格的にバックアップしていくということでしょう。当面の目標は3年以内に箱根路復活だそうです。今後の亜細亜大がどうなるのか考…

青梅マラソン 日本人トップは神野大地も辛口コメント

本日、青梅マラソンが開催されました。出走前から期待されていた神野大地選手(コニカミノルタ)は優勝、大会新記録の目標を達成することができたのでしょうか?簡単に結果を記載しました。以下上位記録(10位まで)1位 エゼキエル(東方リファイン)1時間30分49秒…

中央大学が目指しているのは箱根駅伝か?それとも世界か?

箱根駅伝、最多連続出場の伝統が途切れた中央大学は、今年のシーズンは箱根駅伝復活に向けて大事なシーズンとなります。昨年はトラックを中心に記録の向上は見られましたが、果たして箱根路復活となるでしょうか?少し考えてみました。 ekidennotora.hatenab…

2月5日号砲!丸亀ハーフマラソンを制するのは一体、誰になるのか?

いよいよ丸亀ハーフマラソンが近づいてきました。かなり好選手が揃っていますが、インフルエンザや故障などで棄権したり、万全ではない選手、チームもあるようです。出場するしないに関わらず、私個人の注目選手をピックアップしてみました。 ekidennotora.h…

箱根駅伝特集 NHKBS「スポーツデータコロシアム」を見て

1月27日の深夜にスポーツデータコロシアムという番組がやっていました。30分程度、箱根駅伝について特集が組まれていました。見た感想を軽く書いて見ました。 ekidennotora.hatenablog.com 1.特集されたのは中央学院大学 まず、特集を組まれていたのが中央学…

やっぱり強かった!全国都道府県対抗駅伝は長野県が優勝!! 7度目の優勝!!

遅くなりましたが、都道府県は長野県が優勝しましたね!長野VS群馬という予想をしていたのですが、結果的には長野VS福岡となり、最後は長野の上野選手(DNA)が逆転し、そのまま逃げ切りました。簡単に完走を書きたいと思います。 ekidennotora.hatenablog.c…

全国都道府県対抗男子駅伝 区間記録は更新されるのか!? 

いよいよ明日、都道府県駅伝が開催されます。本日の夕方には正式な区間エントリーが決まると思いますが、さすがに47都道府県をまとめることは出来ませんので、全7区間の歴代の区間記録について少し書いてみました。 1区(7km)高校生区間 松岡佑起 京都 19分…

全国都道府県対抗駅伝2017 優勝する都道府県は一体どこか?

1月22日(日)に男子の都道府県対抗駅伝が開催されます。女子は最後まで優勝争いが白熱しましたが、男子はどうなるでしょうか?いくつかポイントを上げながら簡単に予想してみたいと思います。 エントリーデータ↧↧↧ http://www.hiroshima-ekiden.com/informa…

丸亀ハーフマラソンに大迫傑参戦!!村山紘太、塩尻和也らオリンピックランナーも

2月5日(日)に開催される丸亀ハーフマラソンの招待選手が発表されましたね。今年は非常に豪華な顔ぶれです。何と言っても大迫選手の出場には驚きました。記録が出やすい丸亀ハーフマラソンだけにどんな記録が出るのか今から楽しみです。その他にもオリンピ…

初めての箱根駅伝!! ルーキーたちの結果はいかに!

第93回箱根駅伝が始まる前は、各メディア関係でたくさんのルーキーたちが特集されていました。今年のルーキーたちは強い!ということで注目を集めていましたが、箱根駅伝ではその実力は十分に発揮されたのでしょうか? 区間ごとに考えてみたいと思います。 e…

第93回箱根駅伝 10000m28分台ランナーたちの結果はどうだった?

各大学の総合結果などについては様々なメディアやブログなどに取り上げられていますので、各大学の結果に関しては気が向いた時に書こうと思います。今回は10000mで28分台のランナーたちは箱根駅伝で活躍することが出来たのか?を考えてみたいと思います。 e…