読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

オリンピックの歴史 陸上競技で日本はメダルを何個取ったのか?

オリンピックが開幕しました!陸上競技は8月12日からとなりますが、始まる前に日本は過去のオリンピックで、どれだけのメダルを獲得しているのか少し調べてみました

 

男子

フルマラソン

1936年ベルリン

金メダル 孫基禎

銅メダル 南昇竜

1964年東京

銅メダル 円谷幸吉

1968年メキシコシティ

銀メダル 君原健二

1992年バルセロナ

銀メダル 森下広一

 

【4×100mリレー】

2008年北京

銅メダル

塚原直貴

末続慎吾

高平慎士

朝原宣治

 

棒高跳び

1932年ロサンゼルス

銀メダル 西田修平

1936年ベルリン

銀メダル 西田修平

銅メダル 大江季雄

 

走り幅跳び

1932年ロサンゼルス

銅メダル 南部忠平

1936年ベルリン

銅メダル 田島直人

 

三段跳び

1928年アムステルダム

金メダル 織田幹雄

1932年ロサンゼルス

金メダル 南部忠平

銅メダル 大島鎌吉

 

1936年ベルリン

金メダル 田島直人

銀メダル 原田正夫

 

ハンマー投げ

2004年アテネ

金メダル 室伏広治

2012年ロンドン

銅メダル 室伏広治

 

女子

【800m】

1928年アムステルダム

銀メダル 人見絹枝

 

フルマラソン

1992年バルセロナ

銀メダル 有森裕子

1996年アトランタ

銅メダル 有森裕子

2000年シドニー

金メダル 高橋尚子

2004年アテネ

金メダル 野口みずき

 

金メダル7個! 

銀メダル7個! 

銅メダル9個!

 

以上が、日本がオリンピックに参加してから獲得したメダル数になります。古い記録が多いですが、これだけの方々が世界と戦い、表彰台の上に乗っているのです。特に調べていて興味深かったのが、三段跳びですなんとオリンピックを違う人物で3連覇しているのです。日本の陸上競技のメダル=マラソンを想像していたので、まさか跳躍種目でこれだけ強い時代があったとは驚きです。(女子に関していえばメダル=マラソンです)

この三段跳び織田幹雄さんが日本人で最初に金メダルを取った人物で、その栄誉を称える意味で、広島で毎年開催される織田記念陸上が出来たようです。やはり偉大な人物になると名前がつく大会などが出来るのですね。(箱根駅伝の最優秀選手に送られるのも人物名で金栗四三杯です)

 

こうやって見ると,残念ながら昔に比べ、世界との差が広がってしまった種目が多くあります。しかし、近年、再び戦える状況になってきた種目もあり、日本人選手にもまだまだ可能性はあると思います。

身体能力の差という言葉一つで片づけず、新たな道を模索しながら、様々なアプローチで、多種目で世界と戦える日が来ることを期待したいですね。今年のオリンピックで言えば、競歩が始めてのメダルを取る可能性が高いですね。

 

ekidennotora.hatenablog.com

 4年後は東京でオリンピックが控えていますので、まずはこのリオオリンピックで、日本人の可能性を見てみたいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村