読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

オリンピックに期待大!! 鈴木亜由子の強さの秘訣は?

鈴木亜由子選手(日本郵政)は今、最も日本の女子長距離界で注目を集めている選手でしょう!その美しいフォームと勝負強さはこれからの女子長距離界を変えていってくれる。そう思わせるほど素晴らしいものを感じます。

 

私が鈴木選手を初めて知ったのは鈴木選手が中学生のとき、全日本中学校陸上競技選手権大会で2年生の時に800mと1500mの2冠、そして翌年の3年生の時も1500mで勝って2連覇していた為、陸上競技マガジンか月間陸上競技で見た記憶が残っています。

(中学時代は陸上部ではなく、バスケットボール部だとか)

 

その後、高校ではあまり名前を聞かなくなったので、すっかり忘れていましたが、その間、鈴木選手は故障が思うように治らず、手術などを繰り返していたそうです。

名古屋大学入学後は1年次に世界ジュニアに選ばれ、4年時にはユニバーシアード10000mで金メダル、5000mで銀メダルに輝き、中学生以来、再び大きく脚光を浴びることとなったのです。

 

日本郵政グループに所属してから現在までは、トラック種目と言えば「鈴木選手!」と言われるぐらい、最も期待のかかる選手となりました。

 

では、鈴木選手の強さの秘訣はなんなのでしょうか?

 

①ランニングフォーム

まずはランニングフォームです。日本人女性の大半のランナーはほとんど腰が落ちて、かかとからペタペタと着地する走り方が多いです。この走り方はあまりスピードがでません。安定感はあるかもしれませんが、トラック種目には向いていないと思います。実際、走ってみると分かります。海外の選手は腰高でつま先、またはフラットで地面を捉えています。鈴木選手も腰が高く、足の回転も速く、上手く膝を使って走れています。箱根駅伝を走っている男子選手のような動きを見せています。さらに上下動や左右のブレが少なく、走りの推進力を上手く前に伝えることが出来ており、非常に効率よく、無駄な力を使わずに走ることが出来ていると思います。

 

②中学・高校時代に過度な練習をしなかった

中学時代はバスケットボール部所属で全国を制しています。このことからも潜在能力の高さは伺えます。高校は県内有数の進学校に入り、陸上競技部に所属しますが、度重なる怪我により、満足のいく結果を残せていません(それでも全国高校総体で3年目に3000m8位です)その結果、中学、高校で過度な練習をしなかったため、肉体的にも擦り切れることなく、次のステージに進むことが出来たのだと思います。怪我に悩み苦しみながらも競技をあきらめなかったことも、精神面の成長に大きくつながったと思います。

残念ながら日本の女子選手は、中学校や高校がピークで、その先あまり伸びずに競技を辞めてしまう選手も多くいます。身体の成長段階で行われる過度の練習や、貧血を予防するための、鉄剤の過剰摂取や、鉄剤注射日本陸連も警笛を鳴らせています)が原因ではないかと個人的には考えています。

 

と勝手に強さの秘訣を考えてみました。

 

いずれにせよ、素晴らしい可能性を秘めていることは間違いないでしょう!

リオでの活躍を期待するのは当然ですが、日本記録がいつまでも停滞している状況なので5000mと10000mで日本記録の更新も期待したいです!!

 

そして4年後にはマラソンで…と勝手に期待してしまいますね。

 

 

ちなみに日本記録

 

5000m(2005年7月8日)

14分53秒22 福士加代子(ワコール)

 

10000m(2002年5月3日)

30分48秒89 渋井陽子三井住友海上

 

両方とも10年以上前の記録か….

 

オリンピック出場日程(日本時間)

 

8月12日(金)

10000m決勝

23:10

 

8月16日(火)

5000m予戦

21:30

 

8月19日(金)

5000m決勝

9:40

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村