読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

第93回箱根駅伝で青山学院大学を倒す大学は出てくるのか?

大学駅伝 陸上記事

出雲駅伝全日本大学駅伝と学生三大駅伝のうち2つが終了しました。2大会とも終わって見れば青山学院大学の独壇場であり、途中まで善戦する大学もありましたが、青山学院大学が二冠を達成しています。このまま箱根駅伝も制して三大駅伝制覇を達成してしまうのでしょうか。

 

ekidennotora.hatenablog.com

 

ekidennotora.hatenablog.com

 

対抗 早稲田大学

 

今回の全日本大学駅伝では、3区以降は青山学院大学の前を走り、一時は1分以上の差をつけることが出来ていました。アンカー勝負で一色選手に逆転されてしまい、惜しくも優勝とはなりませんでしたが、箱根駅伝ではワンチャンスがあると期待させてくれる結果となりました。武田選手、平選手、鈴木選手(長い距離はどうだろう)、永山選手、安井選手ら5選手を往路に注ぎ込めば往路で優勝争いが出来るはず。復路は、井戸選手(復調前提)をポイントに勢いのある選手で勝負できれば、ワンチャンスあります!

 

対抗 駒澤大学

 

中谷選手抜きで全日本大学駅伝は4位。優勝争いにこそ絡みませんでしたが、上手くハマれば、往路ではいい戦いが出来そうです。特に8区を走った大塚選手は一色選手と大差ないタイムで8区を走っており、中谷選手、大塚選手、西山選手、工藤選手、下選手の5選手を往路に注ぎ込めばひょっとする可能性はあります。あとは復路の選手の頑張り次第では面白い戦いが出来るかもしれません。

 

対抗 東洋大学

 

口町選手、堀選手、野村選手など主力選手を欠き、櫻岡選手の不調もあって全日本大学駅伝では6位となりましたが、箱根駅伝では狙ってくるはずです。

勝つためには主力の復調は当然ですが、やはり服部選手がキーマンとなりそう。出雲、全日本と1区でスローな展開が続いていますから、過去に東海大佐藤悠基選手や早稲田の大迫傑選手がしたように1区から大逃げする作戦を取ったりしたら面白い。

 

対抗 東海大学

 

全日本大学駅伝は体調不良者や故障者などで万全なオーダーが組めなかった東海大学ですが、ルーキーの勢いと実績ある上級生の復調があれば、善戦出来るはず。特にルーキーはあと2か月ありますからまだまだ成長出来るはずです。川端選手、林選手、石橋選手、廣田選手、春日選手などの勢いが戻ってくれば….

 

大穴 中央学院大学

 

主力の欠場で全日本大学駅伝は厳しいかと思ったのですが、見事にシード権を獲得!駅伝では未知の力を発揮してきます。海老澤兄弟、細谷選手、新井選手の復帰状況によっては、総合優勝は難しくても箱根駅伝を大いに盛り上げてくれそう。往路で優勝争いに食らいついてほしい。

 

大穴 山梨学院大学

 

ニャイロ選手を有するも出雲、全日本と上手く行きませんでした。選手層を見ていても総合優勝は厳しいと思いますが、大砲がいますので、前半から主力選手を全員投入して往路優勝を狙って欲しい。

 

青山学院を倒すには?

 

1.主力選手を崩す

 

まず、一色選手、下田選手、田村選手の3人が強力です。今のところ下田選手の調子は絶好調と言えませんが、箱根駅伝では調子を上げてくるでしょう。一色選手と田村選手は終了した2つの駅伝を見る限り力は別格です。

まずはこの柱である3人のうち一人でも崩すことが大前提となってきそうです。

 

2.特殊区間の優位性

 

5区が短くなり4区が長くなりますので、5区に関しては未知数ですが、6区に関しては小野田選手と村井選手が控えています。6区で有利な展開に持ち込める可能性があるのは青山学院にとっては大きなアドバンテージとなります。

6区で対等に戦えるスペシャリストを育てる。5区で差をつけられるスペシャリストを育てることが必要となりそうです。

また、4区も距離が延びることから今まで以上に大差がつく区間となりそうです。

 

3.選手層が厚すぎる

 

とにかく選手層が厚いです。上の選手以外の力が拮抗しています。そこで選手選びが難しくなると思うので、メンバー選びに多少の迷いが生じると思います。そこが唯一の隙になるかなと思います。

 

とにかく青山学院大学は強いです!しかし、出雲、全日本を見る限りでは隙もあることがわかりました。正直、青学の三冠を望む自分と、阻む大学が現れて箱根駅伝をもっと面白くしてくれないかと期待してしまう自分がいます。

 

青山学院大学VS出場全大学という戦いが繰り広げられそうです!

 

とにかく今から1月2日、3日が楽しみですね!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村