読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

設楽啓太がコニカミノルタをまさかの退社! 東京オリンピックへ向けて環境を変えてリスタートか!?

大学駅伝 陸上記事

ブログはだいぶお休みさせていただいていました。仕事や家庭の都合などもあり、3月は火の車でした....4月中旬からはまた、心機一転、まめにブログを更新していければなと思います。

 

www.nikkansports.com

設楽啓太選手がコニカミノルタを退社しました。実業団に行ってからはなかなか結果が出ていなかったので心配していましたが、話し合いの末、退部・退社という運びになったようです。しかし、心機一転、環境を変えてリスタートしたいとのことなので、前向きな退社ということになりそうです。今後について少し考えてみました。

 

ekidennotora.hatenablog.com

 

移籍は大丈夫か?

 

コニカミノルタとの話し合いもきちんと行われているようで、移籍に必要な「退部証明書」も発行されるということなので、一安心です。実は移籍をするにあたって一番重要となるのは「退部証明書」のような、所属していた実業団が他の実業団に移籍しても良いという「証明書」です。これが円満退社じゃない場合は、発行してもらうことが出来ず、退社しても他の実業団に移ることが出来ないということがあります。(あるようです)

恐らく青山学院大学で練習している梶原選手が、陸協登録でチームに所属していないのはそのためだと思います。

 

移籍先は?

 

移籍先はまだ、未定ですが、設楽啓太選手クラスであれば欲しい実業団はたくさんあるでしょう。弟である悠太選手のいるHONDAへ移籍して、またannbat2人で切磋琢磨する姿も見てみたい気がします。(個人的な意見です)

 

実業団に所属しない可能性は?

 

実業団に所属せずにスポンサーなどを募って競技を続ける可能性もゼロではありません。設楽啓太選手と言えば、東洋大学時代の活躍が一番記憶に残っており、酒井監督との相性も非常に良かったように感じます。初心に返り、東洋大学で酒井監督に指導してもらいながら走るという選択肢も一つではないでしょうか。(スポンサー契約しながら)

 

ということで勝手に設楽啓太選手の今後について考えてみました。正直なところ最初に所属した実業団で活躍することが一番いいのでしょうが、実業団の選手を見ているとなかなか難しいのが現状だと思います。

 

実業団選手の伸び悩みは、世間では箱根駅伝による「燃え尽き症候群」とよく言われています。確かに実業団の世界は、箱根駅伝がある大学の世界と比べると華やかさに欠け、大学時代からギャップを感じてしまい、モチベーションが上がらないなどが確かにあると思います。

しかし、一番の原因は大学での「練習がどうであったか?」「その選手の性格はどうなのか?」「どんな特徴があるのか?」そして何よりも大学で「どういう過程で強くなったのか?」というところが、上手く大学から実業団に引き継がれていないような気がします。その結果、実業団の練習が合わずに本来の力が発揮できない選手が出てきてしまい、競技能力が伸びずに辞めてしまったり、移籍を考える選手が出てくるのではないかと思います。

もっと大学の指導者とコミュニケーションを取り、全員同じような練習を行わず、個々の能力、個性を生かすようなことをしていかないとこれからも大学卒業後に伸び悩む選手が出てくるのではないかと思います。

 

話は脱線しましたが、新たなスタートを切る、設楽啓太選手の復活を期待しています!!