読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝の虎!!

陸上競技を中心に(主に駅伝)スポーツに関して持論を展開します!試合の観戦記と私の中で思ったことをランダムに掲載していきます。主に陸上競技がメインですが、その他スポーツについても書いていければと思います。もしよろしければリンクお願いします!

東海大ルーキーズ勢い止まらず!! 中大新主将、舟津選手もベスト!

東海大学のルーキーたちの勢いが止まるどころかどんどん加速しています!まさか今回のホクレンディスタンス(網走)でも3人、13分台で走るとは誰が予測したでしょうか?いったい、東海大学のルーキーたちの勢いはいつまで続くのでしょうか!?

 

館沢亨次(埼玉栄)  13:48:89

羽生拓也(八千代松陰)13:53:63   

西川雄一郎(須磨学園)13:58:55

 

舘沢選手西川選手は初の13分台!羽生選手こそわずかに自己ベストに届かなかったとはいえ、13分台で走りきるのは素晴らしいです。

東海大学の今年のルーキーは史上最強の選手が集まったと言われていましたが、まさにその通り、新時代の到来を予感させてくれますね。

これで、東海大学の1年生で13分台は6人(たぶん)になりました。今後、ホクレンディスタンス(北見)にも1年生がエントリーされていますので、さらに13分台に1年生が現れるかもしれません。

 

北見エントリー

 

松尾淳之介(秋田工業)14:11:24  

中島怜利(倉敷)   14:14:64

中園誠也(報徳)      14:20:84

郡司陽大(那須拓陽) 14:23:28


※中島選手は10000mエントリーでした。

 

勝手な予想ですが、松尾選手中島選手あたりは新たに13分台が出るのでは?と期待しています。7月14日が、楽しみです。

ちなみに東海大学が強いのは、ルーキーだけではありません。力のある上級生がいますので、この1年生の結果に負けてたまるかと刺激を受けているでしょうから、夏を超えたときに恐ろしいチームに生まれ変わっているかもしれませんね。打倒!「青学」1番手は東海大学になるかもしれませんね。

 

また、ルーキーの活躍は東海大だけではありません!

中大の新主将の舟津選手も13分58秒16をマーク!新主将としてプレシャーのかかる中、5000mD組のトップを走り、チームを勢いづける走り見せています。

副将の田母神選手も1500mで3分44秒85と好記録で走っており、主将、副将を任された2人がまずは、結果でチームを引っ張る形となっています。今後も苦しいことが多いとは思いますが、引き続き2人には頑張ってもらいたいですね!

 

今回のホクレンディスタンス(網走)は気象条件に恵まれたこともあり、かなりの好記録が続出しました。少しあげると、明治の坂口選手が5000mで13分45秒73の見事な復活を見せてくれましたし、東洋大学の桜岡選手も10000mで28分22秒97と力のあるところを見せてくれました。そしてなんといっても、最終組で実業団の設楽選手(HONDA)、市田孝選手旭化成)、浅岡選手日立物流)が10000mを27分台で走ったのはすばらしいですね!(すべてあげられなくてすいません。)

 

ホクレンディスタンスも残すところ第4戦の北見だけとなりました。

さらなる記録に期待したいですね!

 

余談ですが、日本選手権も北海道でやったらどうでしょうか?気象条件も良いので、記録と順位の両方狙えるような気がするのですが…

 


にほんブログ村